火星への人類の移住を計画しているのはイーロン・マスクだが、それは本当に実現可能なのか──。ここにきて、それは「ほぼ不可能である」ことを示す研究結果が発表された。米研究チームの論文によると、既存のテクノロジーでは火星を人間が暮らせるような大気をもった環境にすることは難しいのだという。専門家からは「まだ希望はある」との指摘もあるなか、そもそも火星に移住する意義も問われ始めている。